MMU CpuMmuVirt.Tooltip.automatic=自動 CpuMmuVirt.Tooltip.software=命令セットと MMU 仮想化にソフトウェアを使用 CpuMmuVirt.Tooltip.hardwareCpu=Intel® VT-x/AMD-V™ を命令セット仮想化に使用し、\nソフトウェアを MMU 仮想化に使用します。 CpuMmuVirt.Tooltip.hardwareCpuMmu=Intel® VT-x/AMD-V™ を命令セット仮想化に使用し、\nIntel® EPT/AMD RVI を MMU 仮想化に\n使用します。 # CPUID Mask strings CpuIdMask.hidden=NX/XD フラグをゲストに非表示 CpuIdMask.exposed=NX/XD フラグをゲストに表示 CpuIdMask.advanced=Nx の現在の詳細設定の値を維持します # CPUID Mask dialog strings CpuIdMask.VmDefault=仮想マシンのデフォルト CpuIdMask.AmdOverride=AMD オーバーライド CpuIdMask.Instructions=CPU 識別マスクによって、この仮想マシンに必要な CPU 機能を指定し、ターゲット ホストが vMotion またはコールド移行を実行可能であるかどうかを vCenter Server が判断できるようにします。AMD プロセッサでは値が異なる必要がある場合があります。これらの値は「AMD オーバーライド」タブで設定できます。 CpuIdMask.DataInstructions=レジスタに有効な値は、空文字、または 32 の標識文字です。任意で空白およびコロンを一緒に使用できます。 CpuIdMask.Register=レジスタ CpuIdMask.Value=値 (msb...lsb) CpuIdMask.Level=レベル {0} CpuIdMask.GuestOsDefault=ゲスト OS のデフォルト: CpuIdMask.FinalMask=最終マスク: CpuIdMask.ResetAllDefault=すべてデフォルトにリセット CpuIdMask.ResetRowDefault=行をデフォルトにリセット CpuIdMask.ResetRow=行のリセット CpuIdMask.Default=デフォルト CpuIdMask.BadMask=文字「0 1 T F X H R -」のみを使用して 32 文字の文字列を入力します。オプションで、文字列に空白とコロンを使用できます。\n\n各値の詳細については、「凡例...」ボタンをクリックしてください。 CpuIdMask.Legend.Label=凡例... CpuIdMask.Legend.Title=凡例 CpuIdMask.Legend.Label-=- CpuIdMask.Legend.Value-=デフォルト値を使用します。 CpuIdMask.Legend.LabelX=X CpuIdMask.Legend.ValueX=ゲスト ソフトウェアに使用されていません。 CpuIdMask.Legend.LabelT=T CpuIdMask.Legend.ValueT=ゲスト ソフトウェアに必要な機能です。 CpuIdMask.Legend.LabelF=F CpuIdMask.Legend.ValueF=ゲスト ソフトウェアに対して有効にしてはいけない機能です。 CpuIdMask.Legend.Label1=1 CpuIdMask.Legend.Value1=CPU ID がゲスト ソフトウェアから実行される場合、機能を有効にします。 CpuIdMask.Legend.Label0=0 CpuIdMask.Legend.Value0=ゲスト ソフトウェアから機能を隠します。 CpuIdMask.Legend.LabelH=H CpuIdMask.Legend.ValueH=ゲスト ソフトウェアが機能の値を表示できるようにします。正常に vMotion を動作させるには、機能が一致する必要があります。 CpuIdMask.Legend.LabelR=R CpuIdMask.Legend.ValueR=ゲスト ソフトウェアから機能を隠します。ただし、正常に vMotion を動作させるには、機能は一致させておく必要があります。 # CPU HT Sharing strings HtSharing.Any=任意 HtSharing.None=なし HtSharing.Internal=内部 # CpuAffinity control strings Affinity.HtStatus.Label=ハイパースレッディング ステータス: Affinity.NumProcs.Label=使用可能な CPU: Affinity.Info.Label=範囲には「-」を使用し、値を区切るには「,」を使用します。たとえば、「0, 2, 4-7」はプロセッサ 0、2、4、5、6、および 7 を示します。 Affinity.Info.Label2=文字列をクリアしてアフィニティ設定を削除します。 Affinity.HyperThreading.Unknown=不明 Affinity.HyperThreading.Active=有効 Affinity.HyperThreading.Inactive=無効 Affinity.NumProcs.Unknown={0} Affinity.NumProcs.Logical={0} (論理 CPU) Affinity.NumProcs.Physical={0} (物理 CPU) Affinity.SelectAffinity.Unknown=この仮想マシンに対する論理または物理プロセッサのアフィニティを選択します。 Affinity.SelectAffinity.Logical=この仮想マシンに対する論理プロセッサのアフィニティを選択します。 Affinity.SelectAffinity.Physical=この仮想マシンに対する物理プロセッサのアフィニティを選択します。 #CpuAffinityValidator strings CpuAffinityValidator.Error.BadAffinity=アフィニティ仕様文字列のフォーマットが正しくありません。 CpuAffinityValidator.Error.TooFewAffinities=仮想 CPU は {0} 個あるため、少なくとも {0} 個の CPU アフィニティを指定する必要があります。 CpuAffinityValidator.Error.AffinityTooLarge=このホストにはプロセッサが {0} 個しか存在しないので、アフィニティ仕様文字列は無効です。 # Virtual disk configuration page strings DiskPage.MB=MB DiskPage.GB=GB DiskPage.TB=TB DiskPage.KB=KB DiskPage.ProvisionedSize=プロビジョニング済みサイズ (GB) DiskPage.Type=タイプ DiskPage.Thin=シン プロビジョニング DiskPage.Thick=シック プロビジョニング (Lazy Zeroed) DiskPage.ThickProvision=シック プロビジョニング DiskPage.Encrypted=暗号化ずみ # TODO bfortes - change SeSparse to real name, when decided (see bug 753571) DiskPage.SeSparse=Flex-SE DiskPage.DiskFile=ディスク ファイル DiskPage.VirtualDeviceNode=仮想デバイス ノード DiskPage.DiskMode=ディスク モード DiskPage.DiskProvisioning=ディスク プロビジョニング DiskPage.MaximumSize=最大サイズ DiskPage.SizeNotAvailable=該当なし DiskPage.Warn=ストレージとしてデータストア クラスタが選択されている場合、\n最大仮想ディスク サイズは検証されません。 DiskPage.WriteThrough=ライトスルー DiskPage.Split=分割 DiskPage.CompatibilityMode=互換モード DiskPage.LimitIOPs=制限 - IOPs DiskPage.Shares=シェア DiskPage.high=高 DiskPage.low=低 DiskPage.normal=標準 DiskPage.custom=カスタム DiskPage.PhysicalLUN=物理 LUN DiskPage.Multipathing=マルチパス機能 DiskPage.ManagePaths=パスの管理... DiskPage.ProfileProvisioned=仮想マシン ストレージ ポリシーでの定義どおり DiskPage.ThinProvisioned=シン プロビジョニング DiskPage.St